「本屋大賞」 2019年度 受賞本 31位以下の紹介です PART5


「2004-2018年 本屋大賞」歴代ベストテンはこちら

トップページへ

PART4へ

『送り火』

高橋弘希

『傍らにいた人』

堀江敏幸

『兵』

木下昌輝

『夜のリフレーン』

皆川博子

『凛の弦音』

曽我氏武丸

『入れ子の水は月に轢かれ』

オーガニックゆうき

『毎年、記憶を失う彼女の救い方』

望月拓海

『航宙軍士官、冒険者になる』

伊藤暖彦

『天帝のみはるかす桜火』

古野まほろ

『5時過ぎランチ』

羽田圭介

『TAS 特別師弟捜査員』

中山七里

『インジョーカー』

深町秋生

『この恋は世界でいちばん美しい雨』

宇山圭佑

『dele2』

本多孝好

『ギケイキ2 奈落への飛翔』

町田康

『ショコラティエ』

藤野恵美

『逢魔が時に会いましょう』

萩原浩

『いつか深い穴に落ちるまで』

山野辺太郎

『いちごの唄』

岡田恵和

『かけらのかたち』

深沢潮




『スレイヤーズ16 アテッサの邂逅 』

神坂一

『トランスヒューマンガンマ線バースト童話集』

三方行成

『バルス』

楡周平

『ボーダレス』

誉田哲也

『ドエクル探検隊』

草山万兎

『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』

しめさば

『バー極楽』

遠藤彩見

『ブルーハワイ』

青山七恵

『ランドスケープと夏の定理』

高島雄哉

『みとりし』

高森美由紀

『祭火小夜の後悔』

秋竹サラダ

『愛すること、理解すること、愛されること』

李龍徳

『まれびとパレード』

越谷オサム

『隠蔽人類』

鳥飼否宇

『むすびつき』

畠中恵

『異セカイ系』

名倉編

『レッドリスト』

安生正

『少女を殺す100の方法』

白井智之

『わたしだけのアイリス』

源孝志

『人間狩り』

犬塚理人




『遺訓』

佐藤賢一

『葵の残葉』

奥山景布子

『次回作にご期待下さい』

問乃みさき

『雨上がりの川』

森沢明夫

『猫と狸と恋する歌舞伎町』

額賀澪

『引き抜き屋(1)鹿子小穂の冒険』

雫井脩介

『沖縄オバァの小さな偽証 さえこ照ラス』

友井羊

『偽姉妹』

山崎ナオコーラ

『奇譚蒐集録 弔い少女の鎮魂歌』

清水 朔

『錆喰いビスコ』

癌久保慎司

『祈りのカルテ』

知念実希人

『鏡の中のアジア』

谷崎由衣

『猫は笑ってくれない』

向井康介

『紅の死神は眠り姫の寝起きに悩まされる』

もり

『新選組の料理人』

門井慶喜

『幸福の王子 エドマンド』

榛名 しおり

『水晶庭園の少年たち』

蒼月海里

『青の誓約 市条高校サッカー部』

綾崎隼

『国会議員基礎テスト』

黒野伸一

『最後にして最初のアイドル』

草野原々




『最後の晩ごはん かけだし俳優とピザトースト』

椹野 道流

『罪びとの手』

天祢 涼

『水上博物館アケローンの夜』

蒼月海里

『曙に咲く』

蜂谷涼

『生活魔術師達、ダンジョンに挑む』

丘野境界

『柳は萌ゆる』

平谷美樹

『赤い靴』

大山淳子

『誰も死なないミステリーを君に』

井上悠宇

『朝鮮大学校物語』

ヤンヨンヒ

『葬儀屋に涙はいらない 高浜セレナと4つの煩悩』

森晶麿

『庭』

小山田浩子

『転生したらスライムだった件 13』

伏瀬

『彼女の恐喝』

藤田宜永

『不意打ち』

辻原登

『平凡な革命家の食卓』

樋口有介

『翼竜館の宝石商人』

高野史緒

『力士探偵シャーロック山』

田中啓文

『冷たい檻』

井岡瞬

『晴れ時々、食品サンプル』

青柳碧人

『傍流の記者』

本城雅人




『天龍院亜希子の日記』

案壇美緒

『無限の玄/風下の朱』

古谷田奈月

『転生!太宰治 転生して、すみません

佐藤友哉

『夜空の呪いに色はない』

河野裕

『白いジオラマ』

堂場瞬一

『魔力の胎動』

東野圭吾

『予言の経済学1 巫女姫と転生商人の異世界災害対策』

のらふくろう

『閻魔堂沙羅の推理奇譚』

木元哉多

PART4へ

トップページへ

「2004-2018年 本屋大賞」歴代ベストテンはこちら