"一行引用"で紹介する実用書一覧


1行引用で紹介する実用書

 

この本は、「誰よりもたくさんの本を、誰よりも精密に読み込み、すぐに仕事に応用できるようになる方法」のすべてを、書いた本です

小さな習慣の基本は、こんなに簡単でいいの?と思うくらいの課題を自分に与え、それをほんのわずかの意志の力を使って実行するというものです

どんなに言葉を磨くスキルを学んだところで、自分の気持ちを把握していなければ、強い言葉を生み出すことはできない

「新しい知は先人の知をもとにして生まれる」ものであり、それゆえ先人の思考を学ぶことは今や未来を生き抜くヒントとなるのです

だいじなことは、子どもの本や読書に対して親が関心をもち、温かい理解を示してやることです

脳には、あなたが自分で思いどおりにプログラミングできるシステムがあり、これをうまく操作すれば、どこへでも行きたいところに行けるようになる

タイミングって、とっても大切 やはり本は「出会い」ですね

日本語でも「諦める」と「明らめる」の語源は同じ


どもっていてもいいんだよ

人間が知らない生き方から見えてくる「人間ならでは」の生き方

たった10秒で、あなたの行動力は変えられる

ビジョンを描くことは、自分に足りないものを知ることでもある

「超速読力」とは資料や本をパッと見た瞬間に、内容を理解し、コメントを言える力のことです

誰もがみんな、その人らしい言葉を自由に使えばいいじゃないか

人間の悩みは全て対人関係である

潜在意識を味方につける習慣化の方法は、言わば最も簡単な成功法則なのです


今インプット革新をできる人だけが、AI時代情報化社会の勝者となれるのです

『神社のどうぶつ図鑑』をひもとき多数の動物・霊獣の由来を知り、自然と共存してきた先祖の知恵にも学んでほしい

インプットと合わせてアウトプットを行うことで、読んだ情報は本物の教養になるのである


職場で、家で、学校で働くあなたの疲れをほぐす

オーガニックは暮らしのものでもたどり着ける答えを持ちあわせているわけでもなく思考しつづけることだととらえました

本書では、50歳になっても一度も結婚歴がない独身男女が日本で急増していることに対して、その社会現象の背景に、実は日本人の大いなる「思い込みの壁」があるのではないか、ということを指摘しています

言い訳は言い方次第で、味わい深いものに変化するのも事実です

読書感想文は、ちょっとしたコツを覚えるだけで、だれにでもすらすら書けるものです

ゲーム自体が「競技」として成立していればF1のようにスポーツとしてとらえられ、どんなジャンルでもeスポーツと呼べるのです


線は、新しい発見や役に立った箇所、そして自分の考えと「ちがう」箇所に引くことで、成長の糧になるのだ

本書のテーマは、視覚障害者がどんなふうに世界を認識しているのかを理解することにあります

一万円札をみたら、「ちゃんと勉強しよう」「かせいだお金を世の中のためにつかおう」と思うようにしましょう


コンプレックスを語れば、その苦しみに共感する人は必ず登場します

単位」は時代の移り変わりによって微妙に変化したり、新しい物差しが生まれたりします

自然」という言葉は、文字通り「自」然の「分」身だということなのですね

オスとメスが協力することにより、次世代の個体を「生み出し、種として存続することができます

セカンドキャリアも楽しんで、いいんですか?

算数や数学は客観的な数字などを使って、さまざまな性質や問題を誰もが納得できるように筋道を立ててきちんと説明するものです


SNS運用の本質を理解することが、最高のテクニックなのです

未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ


ここへやってくる目的や理由はどうあれ、先生はどんな学生も優しく受け入れて、ありとあらゆる問題を宇宙の成り立ちやこの世の摂理と絡めて、わかりやすく説明してくれるため、聞いているほうはなんだかスッキリ

本書の特長は、話し方を劇的に変えるポイントである「気分のコントロール法」を中心に説明していることです

あなたの性はなんですか?

自分の「考え方の癖」に気づけば、もっと自由な発想ができる!

1行引用で紹介する実用書


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12