"一行引用"で紹介する実用書一覧


 

1行引用で紹介する実用書

 

縁が切れた」という縁が加わった

大事なのは「何時に起きるか」より、目覚めた後「何をするか」

リーダーはメンバー個人に対して「この人は信頼できるな」と思われる関係性を1個ずつ作っていかないといけない

社会を生きる自分が、何を正しいものとして生きていくかを考えるための学問なのです

土を作るということは人づくりだよ

自分の話を聞いてほしくない人はいない


問いかけにていねいに答えれば、毎日が工夫と発見であふれます

「はしゃいだ気持ち」になれるほうを選んで、とにかくやってみよう


生きている私たちの苦しみを根本から抜き取って、楽しみ、幸せを与えるのが仏教の目的なのだよ

すなわち、速読の究極の目標とは、行動する時間と回数を大幅に増やすことなのです

この世の中は「気づき」だけで回っているといっても過言ではない、と

大人になってから読み直してみると、子どもの頃に読んだときには気づかなかった大切なメッセージが、この『赤毛のアン』という小説にはたくさんちりばめられていることもわかった

「小さな悟り」とは、「当たり前のことを当たり前にやる そこに人生の答えがあると理解する」こと

もっともらしく聞こえるものこそ、疑おう

私たちはみな、自分にとってのチーズを心にいだいており、それが手に入れば幸せになれると信じて追い求める

山と谷はつながっている 今日の谷間での賢明な行動が、明日の山をつくり出す

従来どおりの考え方をしていては新しいチーズは見つからない

外の世界をシャットアウトするのが無関心で、シャットアウトせずにスルーするのが気にしないと言ってもいいでしょう

無意味と思われている読書感想文も、視点を変えれば、そこには社会の仕組みが見えてきたりもするのです

読書が苦にならずに日常で何気なくできる力、これが読書力である

教養とは、人生におけるワクワクすること、面白いことや、楽しいことを増やすためのツールです

だってSNSは「夢を叶える力がある場所」だから

遊んでいるのか仕事をしているのかわからない状態で皆が幸せにお金を稼げればいいじゃないか、その思考を少しでも皆に知ってほしい

アロハスピリッツにもとづき、すべての行動や決断をすることが、人生の成功の基盤となる

安定した質の高いポジティブのためには、前だけを見るのではなく、様々な面を見ながら、受け入れたり、受け流しながら、豊かな精神をもって前に進んでいく力が必要になってきます


脳が「正しい指令」を発した瞬間から、あなたの「行動」は変わり始めます

寓話の目的は教訓や真理を伝えることであり、お話そのものはそれらを届けてくれる”運搬手段”である


読書の本当の価値は、書かれている「100%を写しとる」ことではなく、価値を感じられるような「1%に出会う」こと

この本における「男女=異性」は、「自分とは違う考えをする人」「自分とは真逆の話し方をする人」ということでもあります

増えすぎたモノを減らすことは、幸せについてもう一度、考えてみること


「会話は言葉のキャッチボール」ではなく「気持ちのキャッチボール」なのです

スローリーディングは読書を”量”から”質”へ変える

キミに必要なのは、踏み出しても殺されない『情報』という武器だ

実際に知識を「使う」ことで脳は「重要な情報」ととらえ、初めて長期記憶として保存し、現実にいかすことができます

しかし私は、たいていの大事なことは一分、あるいはせいぜい二分程度で十分伝わると考えている


本を読んでいて「いいな」と思うものに出くわしたら、「さて、どう活用するか」を考えることを習慣にしましょう

呼び方がまずければ、その後にどんな伝え方をしても、どんなに正確に言葉を重ねても、そのコミュニケーションはうまくいかなくなってしまうのです

お金持ちになる人は、いつも、みごとなまでに「お金持ちになる方向」を選んでいる

メモの魔力は日常をアイデアに変えるのです

僕がやっていることは「相手に”自分の思い・考え”を伝えて、自分が望む最高の結果を手に入れる」という準備です

 

1行引用で紹介する実用書

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12