"一行引用"で紹介する実用書一覧


 

"一行引用"で紹介する実用書一覧

別サイト「1行引用から140文字で紹介する実用書」からの実用書一覧です。

その本の最も大事な"核"となる部分を引用してあります。

引用部分をクリックすれば、紹介ページへ飛びます。

 

縁が切れた」という縁が加わった 大事なのは「何時に起きるか」より、目覚めた後「何をするか」
リーダーはメンバー個人に対して「この人は信頼できるな」と思われる関係性を1個ずつ作っていかないといけない 社会を生きる自分が、何を正しいものとして生きていくかを考えるための学問なのです
土を作るということは人づくりだよ 自分の話を聞いてほしくない人はいない
問いかけにていねいに答えれば、毎日が工夫と発見であふれます 「はしゃいだ気持ち」になれるほうを選んで、とにかくやってみよう
生きている私たちの苦しみを根本から抜き取って、楽しみ、幸せを与えるのが仏教の目的なのだよ すなわち、速読の究極の目標とは、行動する時間と回数を大幅に増やすことなのです
この世の中は「気づき」だけで回っているといっても過言ではない、と 大人になってから読み直してみると、子どもの頃に読んだときには気づかなかった大切なメッセージが、この『赤毛のアン』という小説にはたくさんちりばめられていることもわかった
「小さな悟り」とは、「当たり前のことを当たり前にやる そこに人生の答えがあると理解する」こと もっともらしく聞こえるものこそ、疑おう
私たちはみな、自分にとってのチーズを心にいだいており、それが手に入れば幸せになれると信じて追い求める 山と谷はつながっている 今日の谷間での賢明な行動が、明日の山をつくり出す
従来どおりの考え方をしていては新しいチーズは見つからない 外の世界をシャットアウトするのが無関心で、シャットアウトせずにスルーするのが気にしないと言ってもいいでしょう
無意味と思われている読書感想文も、視点を変えれば、そこには社会の仕組みが見えてきたりもするのです。 読書が苦にならずに日常で何気なくできる力、これが読書力である

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12