『自転車が欲しい!』マリベス ボルツ


マリベス ボルツ・作/ノア・Z. ジョーンズ・作、絵/尾高 薫 ・訳

あらすじ

ルーベンの友達はみんな自転車を持っているのに、ルーベンの家は貧乏でなかなか買ってもらえません。

ところがある日、ルーベンはたまたま行ったスーパーで女の人が落とした100ドル札をこっそり拾って家に持ち帰ってしまいました。

そのお金でルーベンは自転車を買おうとしたのですが、なかなか決断できません。

 

そしてお金を拾ったスーパーでお金を落とした女の人が困った様子でいたのを見て、ルーベンは正直にお金を返しました。

 

ルーベンの気持ちは複雑です。

 

女の人が喜んでくれてよかったけど、自転車はもう買えない・・・

嬉しい気持ち、寂しい気持ち・・・

 

でもお父さんとお母さんはルーベンのしたことを褒めてくれました。

「正しいことをするのは、口で言うより何倍も大変なことだ。ルーベン、えらかったな」

『自転車がほしい!」について

ルーベンは拾ったお金で欲しかった自転車を買おうとしましたが、良心がとがめて落とし主にお金を返すことができました。

 

自転車は手に入らなかったけど、お父さんやお母さん、落とした女の人が喜んでくれたからルーベンは幸せでした。

 

そして、一番喜んでいるのはルーベ自身ではないでしょうか

 

それは正しいことを行えたという勇気をルーベンが持てたからですね!

自転車がほしい!

自転車がほしい!

ボルツ,マリベス
1,540円(08/08 17:30時点)
発売日: 2019/08/01
Amazonの情報を掲載しています

合わせて読みたい作者の絵本

もう、おねしょしないもん (児童図書館・絵本の部屋)

もう、おねしょしないもん (児童図書館・絵本の部屋)

マリベス ボルツ
発売日: 1998/03/01
Amazonの情報を掲載しています
きみがうちにくるまえ…

きみがうちにくるまえ…

マリベス ボルツ
発売日: 2007/12/01
Amazonの情報を掲載しています