『どろんここぶた』アーノルド・ローベル


アーノルド・ローベル・作/岸田 衿子・訳

あらすじ

お百姓さんの豚小屋に住んでいるこぶたはどろんこが大好きです。

やわらかーいどろんこの中にすーーっと沈んでいくのがたまりません。

 

ところが、百姓のおばさんが家じゅうを大掃除したついでに、豚小屋のどろんこまで掃除機で吸い取ってしまいました。

「こんなぴかぴかのうち、つまらないや!」とこぶたは怒って家出してしまいました。

 

こぶたはどろんこを求めて大きな町までやってきました。

そこで見つけたどろんこに入り沈んでいくと、なぜかだんだんどろんこが硬くなってきてしまいました。

 

 

こぶたは動けなくなってしまいました・・・

『どろんここぶた』について

こぶたのクルクル変わる表情がとても愛らしくかわいい絵本です。

 

  • どろんこにはまって気持ちよさそうな顔
  • どろんこを吸い取られて怒った顔
  • 硬くなったどろんこにはまってやるせない顔
  • 大嫌いな掃除機を見つけてびっくりした顔
  • お百姓さんの豚小屋でどろんこができてとびつく嬉しそうな顔

こぶたのこんな表情を探すだけでもとても楽しいですよ。

それにしてもどろんこって掃除機で吸い取れるんですね!!

どろんここぶた (ミセスこどもの本)

どろんここぶた (ミセスこどもの本)

アーノルド・ローベル
1,045円(10/01 03:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

合わせて読みたい作者の絵本