『しりたがりやのこいぬとおひさま』 ヘルツィーコバー


ヘルツィーコバー作 ミレル絵

あらすじ

子犬がのんびりお昼寝をしているのを見て、おひさまも眠くてなってきてしまいました。

 

でも、空にはおひさまの枕がありません。

そこで、おひさまは子犬のお皿に入っている水を雲に変えて枕にしました。

 

目が覚めて水を飲もうとした子犬はビックリ仰天!

 

「ぼくの水はどこへ行っちゃったの?」

 

アヒル、牛、ミミズに水の行き先を聞きますが、誰も知りません。

 

 

子犬の無くなった水を探す旅が始まりました。

 

『しりたがりやのこいぬとおひさま』について

好奇心旺盛な子犬の表情や行動にハラハラドキドキさせられます。

 

そして、「気を悪くさせない質問の仕方」「相手の表情を見て話し方を変える」といった人間関係を良くするコミュニケーションを学べます。

 

さらに子どもに楽しく説明できる「蒸発、凝縮、気化を用いた雲になる原理、雨が降る原理」も学べます。

しりたがりやの こいぬとおひさま (世界の絵本)

しりたがりやの こいぬとおひさま (世界の絵本)

イバ・ヘルツィーコバー
発売日: 1974/11/01
Amazonの情報を掲載しています

合わせて読みたい作者の絵本

しりたがりやの こいぬとたまご (世界の絵本)

しりたがりやの こいぬとたまご (世界の絵本)

イバ・ヘルツィーコバー
発売日: 1976/07/01
Amazonの情報を掲載しています