『うみべのハリー』ジーン・ジオン


ジーン・ジオン・作/マーガレット・ブロイ・グレアム ・絵/わたなべ しげお ・訳

あらすじ

ハリーは飼い主の家族と海にやってきました。

 

お日さまがカンカン照りだったので、家族のビーチパラソルの下に入ろうとすると・・・

もう満員だと追い出されました。

 

そこで、子どもたちの砂のお城に潜り込もうとすると・・・・

お城が崩れて追い払われました。

 

 

ハリーは誰もいない海辺まで歩き、波打ち際に座り込んでしまいました。

 

すると後ろから大波が押し寄せて、気づいたらハリーは海の中に、

そして海藻がかぶさって、その姿はまるで「海のオバケ」

 

 

海の人たちは突然現れたハリーにびっくりして大騒ぎ。

 

 

ハリーは家族の人たちを探そうとしましたが、どれも同じようなビーチパラソルばかりで見つかりません。

 

 

大勢の人に追われているハリーの耳にホットドッグ屋のおじさんが「ハリー‼ハリー‼」と呼ぶ声が聞こえました。

でも、おじさんは「ハリー‼ハリー‼」ではなく、「いらはい!いらはい!」と言っていたのですが、ハリーにはよく聞こえませんでした。

嬉しくなったハリーが飛び跳ねていると海藻が落ち、犬のハリーに戻りました。

 

ハリーを探していた家族の人も大喜びです!

 

 

次の日に家族の人は大きいビーチパラソルを持って海へ出かけました。

どんなにお日さまがカンカン照りでも、ゆっくり日陰に入れてハリーはゆったりすることができました。

『うみべのハリー』について

夏にぴったりのハリーシリーズの絵本です。

今年は残念ながらコロナの影響で海には行けなそうですが・・・

 

 

ハリーの家族の人はわざわざ海にまでハリーを連れて行くのに、扱いが少し悪い気がします。

暑い砂浜にハリーを追い払うし、なかなか見つけてあげないし。

 

でもハリーはそんな家族の人たちが大好きなのがとても伝わってきます。

 

色んな人を巻き込んで騒動を起こすも、最期は笑い話しで終わる。
そんなほのぼの感がこのシリーズの特徴ですね。

 

 

それにしても、ホットドッグ屋のおじさんの掛け声「いらはい!いらはい!」は少し無理があるかなという気がします。

英語の「hurry!」と名前の「ハリー」をかけているのでしょうが、もっと単純に「はい!はい!」とかここだけ「ハリーアップ!」とかでもよかったような気はします😂

うみべのハリー (世界傑作絵本シリーズ)

うみべのハリー (世界傑作絵本シリーズ)

ジーン・ジオン
1,296円(08/08 17:25時点)
発売日: 1967/06/01
Amazonの情報を掲載しています

合わせて読みたい「ハリーシリーズ」

ハリーのセーター (世界傑作絵本シリーズ)

ハリーのセーター (世界傑作絵本シリーズ)

ジーン・ジオン
1,296円(08/08 17:25時点)
発売日: 1983/05/20
Amazonの情報を掲載しています
どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ)

どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ)

ジーン・ジオン
1,296円(08/08 04:02時点)
発売日: 1964/03/15
Amazonの情報を掲載しています
ハリーとうたうおとなりさん (こころのほんばこシリーズ)

ハリーとうたうおとなりさん (こころのほんばこシリーズ)

ジーン ジオン
1,540円(08/08 17:25時点)
発売日: 2015/11/01
Amazonの情報を掲載しています
ハリーのだいかつやく (はじめてひとりでよむ本)

ハリーのだいかつやく (はじめてひとりでよむ本)

ジーン・ジオン
発売日: 1982/02/01
Amazonの情報を掲載しています