絵本

『きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ 』 荒井 良二


荒井 良二

あらすじ

今日は大きな町でお祝いの日

ぼくは馬の"あさやけ"に乗って走るんだ!

 

きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ!

 

いつものように走るけど、世界は初めてのことや嬉しいこと、輝いていることでであふれてる!

 

初めて町へ行く女の子

拾った猫に"よあけ"と名付けたこと

町でオルガンを弾く女の子

今日生まれた命や育っている命

部屋に迷い込んできたちょうちょ

 

おめでとうみんな おめでとうせかい!

どこまでだってはしれるよ
あさやけとぼく!
きみとぼく!

『きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ 』について

 

黄色を基調とした豊かな色彩の大型絵本で、1ページ1ページが動画のように感じられ元気をもらえます。

 

世界はどこまでだって走れるのだから、立ち止まっているのはもったいない。

走れば色んな明るいことに出会うことができますよ。

合わせて読みたい作者の絵本