『字のないはがき』向田邦子


向田邦子・原作/角田光代・文/西加奈子・絵

あらすじ

わたしの一番下の小さな妹が戦争のために疎開することになりました。

お父さんは数えきれないほどのハガキを用意して、住所と名前を書いていきました。

 

「元気な日はハガキに〇を書いて、毎日一枚ずつポストに入れなさい」

小さな妹はまだ字が書けなかったのです。

 

一週間後に小さな妹からハガキからはみ出すくらいの大きな赤い丸が届きました。

 

私たちは安心しましたが、次の日から急に丸は小さくなってしまいました。

毎日毎日丸は小さくなっていきます。

 

そしてある日、ついに✖になってしまい、ハガキも来なくなってしまいました。

小さな妹は風邪をひいて小さな部屋に寝かされていたのです。

 

 

そしていよいよ小さな妹が家に帰ってくる日になりました。

いつもは怒ってばかりのお父さんがますます小さくなってしまった小さな妹を抱きしめて声をあげて泣きました。

 

 

戦争が終わって、私も小さな妹も大きくなりました。

あの「字のないハガキ」はどこにあるのでしょうか。

あれ以来一度も見ていません。

字のないはがき

字のないはがき

邦子, 向田, 光代, 角田
1,650円(08/07 20:46時点)
発売日: 2019/05/22
Amazonの情報を掲載しています

『字のないはがき』について

向田邦子さん 原作 戦争時代の家族の思い出をつづったエッセイ『眠る盃』に登場する「ちいさないもうと」を絵本にしたものです。

新装版 眠る盃 (講談社文庫)

新装版 眠る盃 (講談社文庫)

向田 邦子
748円(08/07 20:46時点)
発売日: 2016/01/15
Amazonの情報を掲載しています

原作、向田邦子 文、角田光代、絵、西加奈子とはかなり豪華なメンバーですよね。

 

この絵本に登場する「小さな妹」とは向田さんの一番下の妹のことで、表紙のたんぽぽは「小さな妹」の象徴だそうです。

 

いつもは怖い父親が見せた涙の意味を親子で語り合ってみてはどうでしょうか。