絵本

『子どもの本の世界を変えたニューベリーの物語』 ミシェル・マーケル


ミシェル・マーケル (著), ナンシー・カーペンター (イラスト), 金原瑞人 (翻訳)

あらすじ

「ニューベリー賞」って知ってますか?

1922年に創設されたアメリカで最も有名な児童文学賞です。

「アメリカの児童文学に最も貢献した優れた作品」に与えられる賞ですが、実はこの賞の"ニューベリー"という名前はとあるイギリス人の名前からなんです。

 

ちなみに受賞作品は

  • 1923年『ドリトル先生航海記』
  • 2019年『スアレス一家は、今日もにぎやか』
  • 2016年『おばあちゃんと バスにのって』

などがあります。

ドリトル先生航海記 (岩波少年文庫 (022))

ドリトル先生航海記 (岩波少年文庫 (022))

ヒュー・ロフティング
880円(07/31 16:50時点)
Amazonの情報を掲載しています
スアレス一家は、今日もにぎやか

スアレス一家は、今日もにぎやか

メグ・メディナ
1,650円(07/31 16:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

なぜ、アメリカの賞にイギリス人の名前が使われているのでしょうか?

それは"子どもの本の父"と呼ばれる1人のイギリス人、ジョン・ニューベリーの功績によるものです。

これはそのジョン・ニューベリーの生涯をコミカルに描いた伝記絵本です。

子どもの本の世界を変えたニューベリーの物語

子どもの本の世界を変えたニューベリーの物語

ミシェル・マーケル
1,980円(07/31 16:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ジョン・ニューベリーが子どもだった18世の頃は本は大人が読むもの、子どもは聖書とか規則について書いた本、説教くさい本などを読ませられていたそうです。

 

そして印刷会社で働きだしたジョンは出版のイロハを学び、ジョン・ニューベリー社をロンドンに設立。

 

有名な教育者であり哲学者でもあるジョン・ロックに影響を受けたジョンは「子どもたちのためにいい本をつくろう!」「楽しくなければ本じゃない!」と子どもたちに向けた本をたくさん作りました。

 

本におまけをつけたり、子どもがポケットに入れて持ち歩ける大きさにしたり、かわいい挿絵を描いたりと、子どもたちはジョンの本に夢中になりました。

 

ジョンの作った「子どもの本」がアメリカにも渡り、児童文学の発展に貢献したということで、ニューベリー賞が制定されたのでした。

 

教育において大切なことは、子どもを強く たくましく すこやかに 正しく かしこく 幸せにしてやることだ。

ジョン・ニューベリー『小さなかわいいポケットブック』より