『くじらだ!』五味太郎


五味太郎 作・絵

あらすじ

空を飛んでいるわたりどりが「くじらだ!」と騒ぐものだから、町の大人たちが我先にとくじらを見つけに湖に繰り出します。

桟橋の上から、小さな小さな小島から、壊れた水道管から水が飛び出してたり

 

でもどこにもくじらなんていやしない。

 

 

すっかりうそつきにされたわたりどりですが、彼にだけちゃんとくじらは見えていたんですね。

『くじらだ!』について

子どもの頃よく読んでいた思い出の絵本ですが、作者が五味太郎さんだったとは、今まで気がつきませんでした!

 

最後の最後でくじらが出てくるんですが、これが地上にいては絶対に見えないくじらなんですね。

 

ナスカの地上絵のように一部だけ見ていては、全体が絶対に見えてはきません。

 

これを人間に当てはめて考えてみたら、かなりしっくりきたのに驚きました。

その人の悪いところしか見えていないと、実は他にもいいところがあるかもしれないのに、そのことに気がつかずにいるかもしれません。

 

くじらだ! (五味太郎クラシックス)

くじらだ! (五味太郎クラシックス)

五味 太郎
1,540円(10/28 02:36時点)
発売日: 2016/03/16
Amazonの情報を掲載しています

合わせて読みたい作者の絵本

五味太郎・言葉図鑑 全10巻

五味太郎・言葉図鑑 全10巻

五味太郎
15,400円(10/28 02:36時点)
発売日: 1993/04/01
Amazonの情報を掲載しています
かくしたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)

かくしたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)

五味 太郎
660円(10/28 02:36時点)
発売日: 1977/06/20
Amazonの情報を掲載しています
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)

五味 太郎
1,100円(10/28 02:36時点)
発売日: 1984/06/01
Amazonの情報を掲載しています