『おぼろ月のおさんぽ「銀色」』ウォルター・デ・ラ・メア


ウォルター・デ・ラ・メア・作/カロリーナ・ラベイ・絵/海後 礼子 ・訳

あらすじ

銀色のお月さまが猫の体を借りて歩き出し、辺り一面を銀色の世界に変えていきます。

 

お月さまの照らす銀の光に誘われて森の人間の子ども、妖精、小人、動物たちが森の奥に集まっていきます。

 

小人たちは楽器を演奏して、妖精たちはケーキを食べ、動物たちはダンスをして 思い思いに楽しく過ごしています。

 

 

そして人間の子どもたちは小舟に乗って、静かな川に流されて・・・いつのまにか寝ちゃいました。

 

銀の草なびく、銀の川辺で・・・・お月さまもそっと覗いています。

 

『おぼろ月のおさんぽ「銀色」』

お月さまの照らす銀色の光がとても幻想的なイメージです。

お月さまの光に誘われて外に出てくる妖精や動物たちもキュートでかわいく描かれています。

 

夜の世界って子どもにとっては別世界ですよね。
暗くて何が起こっているのか想像してワクワクしちゃいます。

 

 

しかし、外でどれだけ楽しいことが起きていても、子どもは夜は寝ないといけません。

 

だから人間の子どもたちはボートの上で眠ってしまいます。

「後は夢の世界で楽しんで!」と子どもたちを眠りに誘う、おやすみなさいをさせる時にぴったりの絵本です。

おぼろ月のおさんぽ 「銀色」

おぼろ月のおさんぽ 「銀色」

ウォルター・デ・ラ・メア
1,540円(11/01 08:02時点)
発売日: 2017/03/10
Amazonの情報を掲載しています

合わせて読みたい作者の絵本

ハロウィーンの星めぐり 「夜に飛ぶものたち」

ハロウィーンの星めぐり 「夜に飛ぶものたち」

1,540円(11/01 08:02時点)
発売日: 2015/09/08
Amazonの情報を掲載しています
なんでもない なつの日 「夏の夕ぐれ」

なんでもない なつの日 「夏の夕ぐれ」

ウォルター・デ・ラ・メア
1,540円(11/01 08:02時点)
発売日: 2016/07/08
Amazonの情報を掲載しています