『スズの兵隊』 アンデルセン


アンデルセン (著), マーシャ・ブラウン (イラスト), 光吉 夏弥(訳)

あらすじ

スズの兵隊は25人兄弟の中で一人だけ、一本足でした。
一番最後に作られたので、スズが足りなかったのです。

しかし、スズの兵隊はいつでも鉄砲をかついだまま、一本足でしっかり前を向いて立っていました。

 

そして、同じテーブルに片足を上げて立っている"一本足"のバレリーナのことが気になっていました。

ある日、スズの兵隊は3回の窓からまっさかさまに落ちてしまいました!

 

さあ、それからが大変です!

  • 子どもたちに紙の舟に乗せられて下水に流されて
  • 運河では大きな魚に飲み込まれて

 

ところが、スズの兵隊を飲み込んだ魚が元の家の人に市場で買われて、スズの兵隊はまたあのバレリーナと再会することができました。

 

その幸せもつかの間、子どもがスズの兵隊をストーブに投げ入れてしまいました。

体が溶けていくのを感じながら、スズの兵隊はバレリーナを見つめていました。

バレリーナもスズの兵隊を見つめていました。

 

その時、風が吹いてバレリーナがストーブの中に落ちてきました。

 

 

2人の体はすっかり溶けてしまい、残ったのは小さなハートがたのスズのかたまりと、スカーフの飾りだけでした。

スズの兵隊 (大型絵本)

スズの兵隊 (大型絵本)

アンデルセン
1,650円(11/30 03:36時点)
発売日: 1996/11/15
Amazonの情報を掲載しています