絵本

『よあけ』 ユリー・シュルヴィッツ


ユリー・シュルヴィッツ (著, イラスト), 瀬田 貞二 (翻訳)

あらすじ

山に囲まれた湖はもうすぐ夜明けです。

 

暗く静かな湖の木の下でおじいさんと孫が寝ています。

月の光が映える水面にぼおっともやが立ち、カエルの跳び込む音が聞こえてきました。

 

そして、鳥が鳴いておじいさんが孫を起こします。

 

2人はボートで湖に漕ぎ出て・・・山の上から太陽が顔を出し・・・夜明けです。

 

『よあけ』について

夜中の暗から薄明、そして夜明けへ、と次第に変わっていく風景に心が落ち着きます。

 

なんだか落ち着かない、心がざわざわするという人にはぜひ読んでみて欲しい絵本です。

よあけ (世界傑作絵本シリーズ)

よあけ (世界傑作絵本シリーズ)

ユリー・シュルヴィッツ
1,260円(03/07 08:00時点)
発売日: 1977/06/25
Amazonの情報を掲載しています