絵本

『ひよこのかずはかぞえるな』 イングリ ドーレア、エドガー・パーリン ドーレア


イングリ ドーレア、エドガー・パーリン ドーレア (著)、せたていじ(訳)

あらすじ

おばさんの飼っているにわとりが卵を産みました。

なんと3ダースの36個の卵!!

 

おばさん 卵をかごにいれててくてく町まで売りに出かけました。

ところがおばさん 卵も売れてないのに「この卵が売れたらどうしよう。あれもほしい、これもほしい」と考え始めてしまいます。

 

「この卵が売れたら、もっとにわとりを飼って、どんどん卵を売ってさらに大儲けさ。 そしたら、ガチョウも飼って羊も飼ってわたしゃ さらに大金持ち。女中も雇わなきゃなね。そしたら、大農場の息子から結婚の申し込みがきて、私は立派な奥様だね。」

 

 

おばさん、興奮して卵をもっている手を振り回してしまいました。

 

そしたら当然・・・分かりますよね?

『ひよこのかずはかぞえるな』について

「捕らぬ狸の皮算用」をそのままお話にした愉快な絵本でした。

卵が売れたらあれもこれもと・・・妄想がふくらむおばさんですが、オチのあとのさらに続く前向きな姿勢には勇気づけられますよ!!

ひよこのかずはかぞえるな (世界傑作絵本シリーズ)

ひよこのかずはかぞえるな (世界傑作絵本シリーズ)

ドーレア,イングリ, ドーレア,エドガー・パーリン
1,404円(06/13 01:39時点)
Amazonの情報を掲載しています