絵本

『トペラトト: おもいでをたべるオバケのはなし』 田島 征三


田島 征三 (著), おおたか しずる (著)

あらすじ

トペラトトは思い出を食べるオバケです。

今日もあの人この人の思い出をはぷっぺっちゃくぺっちゃくちゃらもこちゃらもこ、と食べていきます。

 

思い出はたしかに美味しいけど・・・やけにはじけて、なんかあふれて、食べても食べてもなくならない・・・

そしてお腹の中にず~~~っと消えずに残ってる

 

あれれ、おかしいなあ、赤ちゃんにはどうして思い出がないんだろう?

「いっぱい思い出つくってね!」

『トペラトト: おもいでをたべるオバケのはなし』について

トペラトトは新潟県十日町市にある「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」に住んでいる、思い出を食べるオバケです。

「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」は廃校になった小学校を絵本作家田島征三が「空間絵本」として蘇らせた美術館。

 

トペラトトはかつて学校に通っていた子どもたちの思い出を、今は美術館に訪れる人たちの思い出が大好物なんですね。

この絵本はそのトペラトトを描いた絵本です。

そして、シンガーのおおたかしずるによる独特のオノマトペ「トペラップ」も収録されています!

トペラトト: おもいでをたべるオバケのはなし

トペラトト: おもいでをたべるオバケのはなし

征三, 田島, しずる, おおたか
1,100円(07/31 11:05時点)
Amazonの情報を掲載しています