"名言"で紹介する物語一覧


おまえのしたことはだれのやくにもたっていない。まほうのむだづかいじゃ 誰もがみんな魔女なのです。信じてさえいれば・・・
ほんものとか、にせものとかいっても、みょうなものです。 でも、あなたがどうながだから、けっこんするんじゃないのよ!
動物は命あるかぎり、希望と信頼を持ちつづけるのだ。 わたしたちは毎日こう思う。(ああ、時間はまだたっぷりある。あす勉強しよう)とね。そのあげくが、ごらんのとおりだ・・・・・。
うぬぼれると、才能はだめになってしまうの。自分の長所をいかしたいなら、ひかえめにすることがだいじなのよ 愛っていうのは、わかちあうものなの。とりあったりするものではないのよ。ほんとうの愛は、はてしなく深まっていくものなの
まっていたかいがあって、どろぼう運が、またむいてきたのかもしれません。今のしょくぎょうをやめないほうが、やっぱり、よいのではないでしょうか たまには、ちゃんとしたわけがあって、きまりをまもれないことだってあるんです。いくらとしょかんのきまりでもね。
過去、現在、未来ー三世を生きるこの身にクリスマスの霊は宿る こう書いてみると、ひどくみじめな身の上も、いつもなにかしら自分をなぐさめ、希望の持てることがあると分かった。
おらはじぶんのからだをなげだしてもいいから、みんなの役にたつようなことをやりたいんだって、おかあさんにはなすんだ。 神様はね。わたしたちが考えるよりも、ずっといいことを考えてくださっているのですよ。
「そうか。『っぽい』えでも いいのか・・・」 ああ、ほんとに人間っていやー気どっちゃってー『物言わぬ動物』とか言っちゃって。『物言わぬ』ですって!

ピッピがくるまで、ぼくたち、なにをしてあそんでたのか、ぼく、ぜんぜん思いだせないや。

ひとりでいることができぬのか?

ねえ、おじさま、わたしは人間にとっていちばん必要なことは、想像力をもつことだと思います。 あなたさまは、心得ちがいをなさっていらっしゃいますわ!いいこと、なにかを学んだり、おぼえたりするのに、おそすぎるなんてことはないの

1 2 3 4 5