『目で見て かんじて: 世界がみえてくる絵本』ロマナ・ロマニーシン、アンドリー・レシヴ


ロマナ・ロマニーシン ・アンドリー・レシヴ 作/広松由希子 訳

あらすじ

あたらしい1日がはじまる。わたしは、目をあけて見る。
わたしの見る世界には、おもしろいものがいっぱい。

 

  • 見えるってどういうこと?
  • 目はどんな働きをするの?
  • 動物や昆虫の目は人間とどう違うの?

 

人間は大昔から「見る」ことを追及してきました。

  • 望遠鏡・眼鏡・顕微鏡・カメラなどの"見る道具"のアップデート。
  • サインやシンボルマーク、ピクトグラムや象形文字などの"見る文字"の開発
  • 味覚・触覚・聴覚・嗅覚・味覚による"目で見ないけど見える"感覚

 

そして見えることばかりが全てではありません。

原子・空気・重力・思考・魂、夢など見えないけれど、必ずそこにあるものもあります。

 

毎日わたしは、あたらしいなにかをしり、はじめて見るように世界を見つめる。

 

「見ること」にとことん追求して、美しいグラフィックで表現したウクライナ生まれの絵本です。

目で見て かんじて: 世界がみえてくる絵本

目で見て かんじて: 世界がみえてくる絵本

ロマナ・ロマニーシン, アンドリー・レシヴ
2,200円(11/01 07:26時点)
発売日: 2019/11/29
Amazonの情報を掲載しています

合わせて読みたい作者の絵本

うるさく、しずかに、ひそひそと: 音がきこえてくる絵本

うるさく、しずかに、ひそひそと: 音がきこえてくる絵本

ロマニーシン,ロマナ, レシヴ,アンドリー
2,200円(11/01 07:26時点)
発売日: 2019/10/29
Amazonの情報を掲載しています