絵本

『すてきってなんだろう』 アントネッラ・カペッティ


アントネッラ・カペッティ (著), メリッサ・カストリヨン (イラスト)

あらすじ

 

すてきないもむしさんね

 

小さないもむしが初めて出会った「すてき」という言葉。

妙に気になってしょうがありません。

 

すてきってなんだろう

 

いもむしは森の動物たちに聞いて回りました。

動物たちはみんなそれぞれ違うことを「すてき」だと言います。

  • くまは両手で抱えたはちみつがすてき
  • りすは葉っぱでのかくれんぼがすてき
  • ねずみはあまやどりができる白い水玉模様の赤いきのこがすてき
  • もぐらは土の中がすてき

 

でも・・・寝っ転がってみる夕焼けは・・・す・て・き!!

 

『すてきってなんだろう』について

 

いもむしの「すてき」を探す旅は終わるのでしょうか?

それはきっと難しいかもしれませんね。

なぜなら、みんな「すてき」と思うことが違うからです。

 

誰かが「すてき」と思っても、他の人はそうは思わないかもしれません。

だからこそ、「すてき」を探す旅は難しいけど楽しいんでしょうね。

大人が読めば哲学的ですが、子どもにはそんな難しく考えずに身の回りのものを「すてき」と思うことがすてきではないでしょうか。

いもむしの可愛らしさと夕焼けで赤く染まった森絵が印象的な絵本でした。

すてきって なんだろう?

すてきって なんだろう?

アントネッラ・カペッティ
1,980円(06/13 08:37時点)
Amazonの情報を掲載しています